向日葵は死のメッセ-ジ

推理傑作集

カッパ・ノベルス

山村美紗

1992年7月1日

光文社

789円(税込)

小説・エッセイ / 新書

老舗の京菓子店当主・松山総一郎が轢き逃げ事故で死亡。遺産は時価20億円以上の土地と邸宅。財産をめぐる偽装殺人か?遺された3人の娘・夏子、秋子、冬子に疑惑が…。さらに死後発覚した総一郎の愛人・岸川加代にも容疑がかかる。ところが、秋子も密室の離れ座敷で毒殺された。一方、松山家の葬儀用供花を手配した花屋の谷川百合子は、蘭の花篭に交じったひまわりに不審を抱く。ひまわりの花言葉から、百合子は意外な真相を掴むが…。ひまわり、枝垂れ桜、福寿草、弟切草-。華麗・繊維な花々に秘められた殺人の影を追う傑作推理の競艶。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください