まじめの罠

光文社新書

勝間和代

2011年10月31日

光文社

814円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「まじめの罠」とは、何かに対してまじめに努力した結果、自分や社会を悪い方向に導いてしまうリスクを指す。そして、いま、日本社会全体がこの罠にハマっていると考えると、いろいろな謎を解くことができる。あなたは、この罠にハマっていませんか?「究極の優等生」として悩みながら働いてきた著者が綴る、「脱・まじめ」の上手な方法と、そのご利益。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.73

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

18

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Tojo Hiroyuki

(無題)

starstarstar
star
3.3 2018年03月21日

とても面白い。 「まじめ」を無思考と置き換えるとスッキリする。 結局、大局観がないことが問題と指摘。以下のスキル不足。 ・価値観、視野に多様性がない ・決まりを疑うような問題設定能力がない ・自分自身を客観視できるようなメタ認知能力がない ★知恵をつけることに尽きる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください