蔵書の苦しみ

光文社新書

岡崎武志

2013年7月17日

光文社

858円(税込)

人文・思想・社会

多すぎる本は知的生産の妨げ。自分の血肉と化した500冊があればいい。机のまわりに積んだ本こそ活きる。-2万冊超の本に苦しみ続けている著者が、格闘の果てに至った蔵書の理想とは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

12

未指定

9

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください