蔵書の苦しみ

光文社新書

岡崎武志

2013年7月17日

光文社

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

多すぎる本は知的生産の妨げ。自分の血肉と化した500冊があればいい。机のまわりに積んだ本こそ活きる。-2万冊超の本に苦しみ続けている著者が、格闘の果てに至った蔵書の理想とは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.42

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

19

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

たきひろ

(無題)

starstarstar 3.0 2023年07月26日

まだまだ自分の家は大丈夫だな、と逆方向に安心してしまう良本。どのくらいの本になるとどんな問題が起こるかよくわかる。文章は読みやすい。

全部を表示

たきひろ

(無題)

starstarstar 3.0 2022年10月29日

まだまだ自分の家は大丈夫だな、と逆方向に安心してしまう良本。どのくらいの本になるとどんな問題が起こるかよくわかる。文章は読みやすい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください