「育休世代」のジレンマ

女性活用はなぜ失敗するのか?

光文社新書

中野円佳

2014年9月17日

光文社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

昔に比べれば、産休・育休や育児支援の制度が整ったかに見える今、それでも総合職に就職した女性の多くが、出産もしくは育休後の復帰を経て、会社を辞めている。男性と肩を並べて受験や就職活動にも勝ち抜き、出産後の就業継続の意欲もあった女性たちでさえ、そのような選択に至るのはなぜなのか、また会社に残ったとしても、意欲が低下したように捉えられてしまうのはなぜなのか。この本では、実質的に制度が整った二〇〇〇年代に総合職として入社し、その後出産をした一五人の女性(=「育休世代」と呼ぶ)に綿密なインタビューを実施。それぞれの環境やライフヒストリーの分析と、選択結果との関連を見ていく中で、予測外の展開にさまざまな思いを抱えて悩む女性たちの姿と、その至らしめた社会の構造を明らかにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.49

読みたい

6

未読

7

読書中

2

既読

26

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mie

育休中に

starstarstar
star
3.5 2019年04月09日

読みました。今後どのように働いていくべきか、考えるきっかけになりました。でもどちらかと言えば、人事の方や、育休中の部下を持つ上司の方々に読んで欲しい、そんな本でした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください