無間人形

新宿鮫4 長編刑事小説

カッパ・ノベルス

大沢在昌

1994年7月31日

光文社

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「新宿鮫」-新宿署刑事・鮫島を犯罪者たちは恐れをこめてこう呼ぶ。覚せい剤、人間を蝕む戦慄の薬。新宿に、舐めるだけで効く危険な新型が。密造犯は、財閥・香川家の昇・進兄弟だった。流行する薬を狙う藤野組・角の巧妙な罠で、弟・進が覚せい剤地獄に。しかも事件に隠された哀しい秘密を、さらに狙う者が。一方、薬を激しく憎む鮫島は、懸命に密売ルートを探る。が、次々に手掛かりを絶たれ、麻薬取締官からは露骨な妨害。苦闘する鮫島に兄・昇の脅迫…暴走する進を角から救えというのだ。昇の手には鮫島の恋人・晶。名実共に現代を代表する超人気シリーズ第四弾、第百十回直木賞受賞の感動巨編。カッパ・ノベルス版で待望の登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください