札幌殺人事件(上)

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

1994年12月31日

光文社

859円(税込)

小説・エッセイ / 新書

夫・伸夫の行動に不審を抱く札幌のイベント会社専務・越川春恵-その原因はプロモーター・白井信吾に…。春恵の依頼で白井の身辺を探るかつての部下・戸田亘は「やくも…」の言葉を残して失踪。麻薬がらみか。戸田の行方を追い札幌へ飛んだ、名探偵・浅見光彦を待ち受ける北大植物園の絞殺死体。さらに浅見は、謎の老人・徳永から全天候型競技場建設にまつわる不可解な動きを知らされた。-一人の男の蒸発が、北海道開発を巡る利権の暗闘を暴き出した。北の都・札幌の“闇の素顔”を描破する“旅情ミステリー”書下ろし秀作、全力第15弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください