天使の牙(下)

長編サスペンス

カッパ・ノベルス

大沢在昌

1997年6月30日

光文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

強大な犯罪組織「クライン」とそのボス・君国を倒すため、命懸けの囮となったアスカと、その護衛についた刑事・古芳。アスカには、君国の愛人・はつみの肉体に古芳の恋人の女性刑事・明日香の脳が移植されて蘇ったという秘密が。疑心暗鬼に陥り、不協和音を生じる二人に、警視庁内部の裏切者が放った刺客がつけ込む。一方、君国も、怜悧で冷酷、殺しを愛する男・神を送った。神は容赦なく確実に、二人を追いつめていく。殺戮の血の雨の中、二人の逆襲はなるのか!?緊迫した物語の果てに待つクライマックスは、読者を強く動かすだろう。興奮と感動のハード・アクション巨編傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください