多摩湖畔殺人事件

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

2001年10月25日

光文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

多摩湖畔で、橋本商事社長・橋本圭一の死体がみつかる。だが、橋本は、遠く離れた丹波篠山に商用で出向いていたはずだった…。さらに遺体から、謎の数字と“寺”と書かれたメモが見つかる。橋本の娘で車椅子の少女・千晶は、その明晰な推理力でメモの謎に挑む。懸命な千晶の姿が、やがて“鬼”と呼ばれる刑事・河内を突き動かす!二人の推理は、“ハリのないハチ”という不思議な言葉を浮かび上がらせるが…。車椅子の少女と老刑事の切ない心の交流を描く、内田ミステリーの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください