十津川警部「オキナワ」

長編推理小説

Kappa novels

西村京太郎

2004年12月31日

光文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

東京・巣鴨のビジネスホテルで発見された男の刺殺死体と、血文字のダイイングメッセージ「ヒガサ」-。沖縄に多い「比嘉」という姓が捜査線上に浮かび、十津川と亀井は、那覇空港に降り立った。豊かな自然に恵まれた美しい故郷「沖縄」と、基地の街として、まだ戦後を生きる「オキナワ」。行方不明の女と、米軍・GIの不審な行動を追う十津川は、事件の背後に、沖縄の悲劇を見た。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください