浦島太郎の真相

恐ろしい八つの昔話 連作推理小説

Kappa novels

鯨統一郎

2007年5月31日

光文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

ここは「森へ抜ける道」という名の日本酒バー。常連の僕・工藤と山内、マスター・島の「ヤクドシトリオ」は、今夜も益体もない話に花を咲かせている。私立探偵である僕が、どうしても謎が解けない殺人事件のことを話すと(というか、山内とマスターが勝手に話してしまうのだ)、同じく常連の美人大学院生・桜川東子さんは、上品にグラスを傾けながら、なぜか日本のお伽話になぞらえて鮮やかな推理を展開するー驚嘆、そして思わず納得。『九つの殺人メルヘン』に続く、珠玉のバーミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

にいちゃん

ヤクドリトリオシリーズ2作目

-- 2020年05月04日

前回読んだ「今宵、バーで謎解きを」より3人の昔話の内容がわからなかったのが残念だったが、このシリーズけっこう好きです! 他のシリーズもいずれ読んでみたい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください