まぼろし砂絵

なめくじ長屋捕物さわぎ 連作時代本格推理

光文社文庫

都筑道夫

1992年2月29日

光文社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

神田明神の祭礼があと10日後に迫った日、山車の人形が盗まれた。牛若丸が退治した熊坂長範を象った人形で安価な代物ではない。誰がなぜ盗み出したのか?「こりゃ大ごとだ」。なめくじ長屋の住人たちが犯人さがしにのりだした。つづいて密室の土蔵で人殺し事件が起こったりして…。江戸風俗を背景に幻想と怪奇が交錯するなか、砂絵センセーの名推理が次々と展開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください