伊賀・甲賀忍者の里殺人事件

長編推理小説

光文社文庫

和久峻三

1993年6月30日

光文社

469円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京都・北山で痛ましい惨劇が起きた。舞妓が、全裸で絞殺されたのだ。紫のコメ粒を並べた奇妙な記号を遺して…。容疑者は従兄弟の針谷賢二。だが、彼までが何者かに惨殺される。甲賀出身の彼女らが、なぜ?頭を悩ます赤かぶ検事は、舞妓の遺した記号が、忍者の暗号ではないかと睨んだが…?現代の連続殺人と戦国時代の謎。著者会心の書下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください