神戸摩耶山殺人事件

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1994年9月30日

光文社

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「凶の雲が、あそこに…」六甲摩耶山ハイキングの途中、日美子の直感が何かを感じた。妻の能力に一目置いている二階堂は、早速、現場近くへ。そこで若い男の死体を発見した。死因に不審を抱いた二階堂の急報で県警が出動。現場検証の最中、少女が現われ、死体を見るや失神。それが原因で記憶も失った…。“純愛世界の殺人”の深まる謎に、文庫書下ろしで挑戦。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください