東京下町殺人暮色

長編推理小説

光文社文庫

宮部みゆき

1994年10月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

13歳の八木沢順が、刑事である父の道雄と生活を始めたのは、ウォーターフロントとして注目を集めている、隅田川と荒川にはさまれた東京の下町だった。そのころ町内では、“ある家で人殺しがあった”という噂で持ち切りだった。はたして荒川でバラバラ死体の一部が発見されて…。現代社会の奇怪な深淵をさわやかな筆致で抉る、宮部作品の傑作、ついに文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.88

読みたい

5

未読

5

読書中

0

既読

122

未指定

98

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください