日美子の「最後の審判」

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1996年8月31日

光文社

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

箱根に隠棲する師・大貫朋斎から、日美子に呼び出しがかかった。夫と娘を同時に殺された近藤昌未の相談にのれという。日美子は昌未から犯人は由良川桂と告げられ、早速、タロット占いで行方を捜す。かつて師・朋斎のもとで魔女修業を積んだ三人が繰り広げる、壮絶な魔女戦争。師が下す最後の審判とは…。好評タロット日美子シリーズ、文庫で書下ろす、100冊記念作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください