十津川警部、沈黙の壁に挑む

長編推理小説

光文社文庫

西村京太郎

1996年12月31日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

殺人容疑者・秋本つね子は、ろうあ者だった。手話通訳士を介しての尋問にも、同じろうあ者の関口弁護士にも、なぜか心を開かぬつね子。関口は彼女の薄倖の半生を辿り、無実を信じた。-つね子に秘められた意外な過去。さらに、悪徳探偵が殺され、遺された写真から事件は意外な展開を…。関口はついに十津川警部と対決した!サスペンスと感動の長編推理傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください