悪魔の階段

長編推理小説

光文社文庫

笹沢左保

1998年9月30日

光文社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

美貌の若き未亡人・石立香代子の前に、突然現われた初恋の人・小笠原竜二。二人には数奇な過去があった。二年前、香代子は自動車事故で夫を亡くし、竜二も妻を何者かに惨殺されていた。偶然の再会に、香代子は秘めた想いを一気に募らせ、竜二の持つ男の魔性の虜になる。淫らな“白い獣”に化身する女、性の奉仕者となる男。快楽に溺れる二人の背後で蠢く事件の謎。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください