ジュリエットが危ない

湘南探偵物語 長編小説

光文社文庫

喜多嶋隆

1999年5月31日

光文社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

万里村桂ー横須賀基地のアメリカ兵と日本人とのトラブル解決人。軍の中佐、アンダースンは、19歳になるひとり娘リサのデートが、毎回夜の11時過ぎから3時ごろまでになるという。桂はふたりを尾行するが、そこには別の尾行者の姿があった。なぜか人目を忍ぶふたりの関係はある陰謀にも利用されて、思わぬ展開に…。逆風にむかう恋の行方は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください