見知らぬ妻へ

傑作小説

光文社文庫

浅田次郎

2001年4月30日

光文社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新宿・歌舞伎町で客引きとして生きる花田章は、日本に滞在させるため偽装結婚した中国人女性をふとしたことから愛し始めていた。しかしー。(表題作) 才能がありながらもクラシック音楽の世界を捨て、今ではクラブのピアノ弾きとして生きる元チェリストの男の孤独を描いた「スターダスト・レビュー」など、やさしくもせつない8つの涙の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.2

読みたい

1

未読

6

読書中

1

既読

39

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.6 2020年04月02日

8つの短編集。 ありきたりの夫婦の話だと思ったら、あまり身近でない夜の盛場が舞台だったりちょっと特殊な関係の人間模様だった。共感する話ではないけれど知らない世界が垣間見れた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください