炎蛹

新宿鮫5 長編刑事小説

光文社文庫

大沢在昌

2001年6月30日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新宿署刑事・鮫島を、犯罪者は、恐れを込めて「新宿鮫」と呼ぶ。植物防疫官・甲屋は、外国人娼婦によって南米から日本に侵入した、“恐怖の害虫”の蛹を追っていた。羽化まで数日。蛹を追って、鮫島と甲屋は、危険と罠に満ちた闇に挑む!命をかけて熱く闘う男たちがここにいる。興奮と感動、圧倒する迫力!傑作長編刑事小説第5弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

69

未指定

64

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください