八州狩り

夏目影二郎始末旅

光文社文庫

佐伯泰英

2003年11月30日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鏡新明智流の達人・夏目影二郎は、故あって人を斬り、遠島寸前に勘定奉行職に就いた父に助けられた。だが、彼の前には職に苦悩する父の姿が…。影二郎は父の密命を受け、腐敗、乱脈を極める六名の八州廻りの始末に旅立つ。上州路から日光、水戸、伊豆と探索を続ける影二郎を、幕藩体制を覆すような陰謀が待ち受けていた。影二郎初登場の記念碑的名作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください