代官狩り

夏目影二郎始末旅

光文社文庫

佐伯泰英

2004年4月30日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸は深川蛤町の悪所・極楽島で、勘定奉行所配下の男が惨殺された。夏目影二郎は、勘定奉行職にある父の命により、事件の真相を探るうち、天領内の不正疑惑に辿り着く。代官、郡代の調査、さらに特命を帯びて信濃路へ向かった八州廻りの消息を求めて、中仙道を奔る影二郎。その彼に、僧衣をまとった殺人集団が襲いかかってきた。大好評の長編痛快時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください