にっぽん蔵々紀行(続)

光文社文庫

勝谷誠彦

2004年11月30日

光文社

796円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 科学・技術

波涛の涯の蛇の酒、英雄の裔が醸す酒、人くさいまほろばの酒、大陸の風薫る酒、琉球の誇る日本酒…。あしかけ八年にわたる、蔵から蔵へと巡る物語は、この国のはじめ「ひむか」を訪ね、完結。日本酒の生まれ故郷の、誇り高い魂が支え続けている産物から、現代を生きる私たちに伝わってくるものは何か。酒と肴と人にほろほろと酔いながら、全国制覇ここに達成。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください