青龍、哭く

横浜狼犬3 長編警察小説

光文社文庫

森詠

2005年2月28日

光文社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

哀しいオルゴールの旋律が流れるとき、血の制裁が執行されるー。中国の闇組織で「青龍」と呼ばれる凄腕の処刑人が日本に潜入した。神戸で中国人学者を血祭りに上げ、横浜・中華街に姿を現す。ハマの狼犬・海道刑事は、プロの仕事を逸脱した青龍の動きに、いつしか自分と似た匂いを感じ始めるが…。中国史の闇に隠された凄惨な過去。海道の熱い魂が燃える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください