亡者の家

長編ホラー小説

光文社文庫

福澤徹三

2005年6月30日

光文社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

(厭な顔の家だ)。取り立てに出向いた消費者金融の新米社員・諸星雄太は、心の中で呟いた。何の変哲もない家が放つ、得体の知れない禍々しさ。失踪した夫、妙な色気を滲ませる妻、すべての感情を喪ったかのような娘ー。悪夢はそこから始まった!諸星の周囲で一人、また一人と変死事件が起こり…。日常の裂け目から立ち現れる真の恐怖。リアルホラーの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください