白昼の死角新装版

長編推理小説 高木彬光コレクション

光文社文庫

高木彬光

2005年8月31日

光文社

1,408円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明晰な頭脳にものをいわせ、巧みに法の網の目をくぐる。ありとあらゆる手口で完全犯罪を繰り返す“天才的知能犯”鶴岡七郎。最後まで警察の追及をかわしきった“神の如き”犯罪者の視点から、その悪行の数々を冷徹に描く。日本の推理文壇において、ひと際、異彩を放つ悪党小説。主人公のモデルとなった人物を語った秘話を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(14

starstarstar
star
3.67

読みたい

9

未読

6

読書中

2

既読

30

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

taboke

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年12月30日

傑作!これを超えるミステリーを未だ体験せず。 作中に松本清張の作品が紹介される。その本もなかなか傑作ですが、高木彬光の勝ち!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください