東京少年

長編小説

光文社文庫

長野まゆみ

2005年10月31日

光文社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ぼく…祝常緑は、叔父と共同生活をしている十四歳。母はぼくを産んだのちに家を出た。父とも別に暮らしている。ある日、ぼくは母に通じる手がかりをひとつ教えられた。父と出逢った日、母は美しい黒椿を抱えていたと云う。ぼくは「家族」について未だ何も知らない。タワーの傍らの町で、ぼくは幻の花を追いかけはじめる。そして、次々と謎が解き明かされー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください