鞄屋の娘

長編小説

光文社文庫

前川麻子

2006年1月31日

光文社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

彼女は鞄を作る父の背中が好きだった。だだだ、だだだ、というミシンの音が「父の音」だった。やがて、家庭に安住できない父は家を出、亡くなった。大人になり、息子をもうけた彼女には既に母もなく、どこかで暮らす同じ「掌」をした異母兄だけがいた…。やがて、彼女は父と同じ鞄作りを始めるー。家族、愛、人生の意味を問う第6回小説新潮長篇新人賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください