名犬フーバーの新幹線、危機一髪!

連作小説

光文社文庫

笠原靖

2006年8月31日

光文社

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長源寺大志とフーバーは、新大阪発、博多行きの新幹線に映画撮影のエキストラとして乗車していた。警視庁から急報が入った。三億五千万円強奪事件の犯人が現金と拳銃を所持し同乗しているというのだ。博多に到着する前に、乗客を巻き込まずに、犯人を捕らえねばならない。元捜査一課長・長源寺とフーバーに訪れる最大の危機。サスペンスと愛情とー。大好評、第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください