龍臥亭幻想(下)

長編本格推理小説

光文社文庫

島田荘司

2007年10月31日

光文社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この頭部、足部を森孝の具足中に葬れ」-血溜まりに浮かぶ生首と切断された片足。発見された第三の死体が、龍臥亭を恐怖の底に叩き落とした。そして、旧日本軍の研究所で行われていた肉体縫合の悪魔的な実験!百年の時空を超えて甦った伝説の魔王は、何処に向かうのか?ファン待望!御手洗潔と吉敷竹史の推理が、いま初めてクロスする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

30

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください