能登の密室

金沢発15時54分の死者 長編推理小説

光文社文庫

津村秀介

2007年10月31日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

能登半島にあるホテルの一室で、観光ツアーで訪れた主婦の死体が発見された。死因はシアン化合物による服毒死。部屋には内側から鍵がかけられ、ルームキーも室内に残された完璧な密室状態だった。それらの状況から警察は自殺説に傾くが、ルポライター浦上伸介はその死に疑問を抱き、自殺に見せかけた他殺だと確信する。名探偵・浦上が初の密室トリックに挑んだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください