狐官女

土御門家・陰陽事件簿3 連作時代小説

光文社文庫

澤田ふじ子

2008年2月29日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

土御門家の触頭・笠松平九郎は、京の治安に目を配り、事件を未然に防ぐ役割を負う。その平九郎に心強い助っ人が現れた。自ら浪人となり、内職の傍ら観相で稼ぐ小藤左兵衛。二人は様々な難事件に遭遇しながらも人情味豊かに解決する。-仙洞御所の女官たちに風邪が流行るのは、狐による変事なのか?その正体を追う二人に意外な結末が待つ(表題作)。ほか全七編収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください