イヴの夜

光文社文庫

小川勝己

2008年11月30日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

恋人を殺された三沢光司は、被害者にストーカー行為を続けていたとして、容疑者扱いを受けていた。口下手で対人恐怖症気味の風俗嬢・三枝ひとみは、護身用のスタンガンとナイフをバックに忍ばせていた。生きることに不器用な二人が出会ったイヴの夜、誤解から殺意が生まれ…。その日、いったい何が起こったのか?痛いほどに切ない恋愛小説がここに誕生した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください