火焔剣の突風

連作時代小説

光文社文庫

牧秀彦

2010年1月31日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸市中では大身旗本の御曹司ばかりを狙った辻斬りが横行していた。腕に憶えのある二人の若い侍が、大川の土手であっけなく切り捨てられた。その太刀筋から、薩摩剣士の仕業であることが明らかに。町民までも巻き添えにする凶行に、根津の辻番所に詰める老爺・留蔵と浪人・伊織は報復を決意するがー(「弟よ…!」)。正義の刃が悪を滅す!好評シリーズ中編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください