五家狩り新装版

夏目影二郎始末旅7 長編時代小説

光文社文庫

佐伯泰英

2009年10月31日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鬼子母神の祭りの夜、夏目影二郎は二名の武士が斬られるのを目撃した。状況から徳川御三家尾張藩の内紛と察知した彼は、父の大目付・常磐秀信に報告。その後、御付家老として御三家に配された五家の陰謀を知った秀信は、影二郎に影御用を命ずる。五家を焚きつける人物とは?尾張で影二郎一行を次々と危難が襲う。活字が大きくなった新装版。シリーズ第七弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください