ZOKUDAM

長編小説

光文社文庫

森博嗣

2010年1月31日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この赤い方が、ゾクダム・一号機、通称、赤い稲妻だ」黒古葉博士が指さした先には全長十二メートルの巨大ロボットが!遊園地の地下にあるZOKUDAMに配属されたロミ・品川とケン・十河の任務は、このロボットに乗り込み戦士として怪獣と戦うことらしいのだが…。この様子を密かに窺う男女の姿が。対抗組織TAIGONの揖斐純弥と永良野乃の二人だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.93

読みたい

5

未読

7

読書中

1

既読

25

未指定

55

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森博嗣「ZOKUDAM」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください