人形が死んだ夜

長編推理小説

光文社文庫

土屋隆夫

2010年5月31日

光文社

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

紗江の甥・俊は、小学生ながら天才的な絵を描き、この日もひとり石仏をスケッチしに行くが轢き逃げに遭い死亡。最期を看取ってくれたという通報者の目撃談を聞くうち、紗江は疑惑を募らせてゆく。そして榊祭りの夜、群集の中で惨劇は起こるー誰も描きえなかった「沈黙する探偵」の姿こそ、ミステリーの美学を追い求めつづける著者の、迫真の到達点といえる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください