女神たちの森

光文社文庫

勝目梓

2010年7月31日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

青木進也とは、湯島のラブホテルだった。競艇選手を引退し、帰郷したのり子の、忘れられない夜だ。釣り船の故障がきっかけで知り合った大石と結ばれたのり子は、進也の面差しと大石を重ね合わせるー(「ヴィヴァ!ボート」)。さまざまなスポーツの分野で活躍する女性たちを主人公に、健康な肢体の瑞々しいセックスを描いた十一編。官能色あふれる珠玉の短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください