名犬フーバー歪んだ銃口

傑作推理小説

光文社文庫

笠原靖

2010年9月30日

光文社

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元警視庁捜査一課長の長源寺大志が撃たれた。いまはテレビのエキストラをしながら、後輩刑事たちを手伝い事件を解決する「名刑事」が公衆の面前で狙撃されたのだ。襲った犯人はいったい誰なのか。“名探偵”の愛犬・フーバーがシリーズ最大の「敵」に立ち向かう「逢魔が時」、涙なくして読めない感涙の短篇「津軽のクロ」を含む5作を収録。大人気シリーズ第7弾。文庫書下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください