なぜ絵版師に頼まなかったのか

光文社文庫

北森鴻

2010年10月31日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

葛城冬馬、十三歳。明治元年生まれの髷頭の少年は、東京大學医学部教授・ベルツ宅の給仕として働くことになった。古式ゆかしき日本と日本酒をこよなく愛する教授は、比類無き名探偵でもあった。米国人水夫殺害事件、活き人形が歩き出す怪事…数々の難事件を冬馬の調査をもとに鮮やかに解決してゆく。史実を絶妙に織り交ぜながら綴る、傑作ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.6

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

15

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください