美女と竹林

光文社文庫

森見登美彦

2010年12月31日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。実家で竹林を所有する職場の先輩、鍵屋さんを訪ねるのだ。荒れはてた竹林の手入れを取っ掛かりに、目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者となり、自家用セグウェイで琵琶湖を一周…。はてしなく拡がる妄想を、著者独特の文体で綴った一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.74

読みたい

208

未読

30

読書中

3

既読

116

未指定

95

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森見登美彦「美女と竹林」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください