地下室の手記

光文社古典新訳文庫

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス / 安岡治子

2007年5月31日

光文社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る。世の中を怒り、憎み、攻撃し、そして後悔の念からもがき苦しむ、中年の元小官吏のモノローグ。終わりのない絶望と戦う人間の姿が、ここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.38

読みたい

7

未読

10

読書中

4

既読

33

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年05月20日

これに近い経験は誰しもがあるはずだ。 救いもなく、フランダースの犬じゃないが若い人には読ませたい様な読ませたくない様な。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください