消え去ったアルベルチーヌ

光文社古典新訳文庫

マルセル・プルースト / 高遠弘美

2008年5月31日

光文社

775円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

プルーストが生涯をかけて執筆し、20世紀最高の文学と評される『失われた時を求めて』。本書は“大伽藍”とも形容される超大作の第六篇にあたり、シリーズを通じての主要登場人物アルベルチーヌと、語り手である「私」の関係に結末をつける、重要な一篇である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

5

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください