木曜日だった男

一つの悪夢

光文社古典新訳文庫

ギルバート・キース・チェスタトン / 南条竹則

2008年5月31日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

この世の終わりが来たようなある奇妙な夕焼けの晩、十九世紀ロンドンの一画サフラン・パークに、一人の詩人が姿をあらわした。それは、幾重にも張りめぐらされた陰謀、壮大な冒険活劇の始まりだった。日曜日から土曜日まで、七曜を名乗る男たちが巣くう秘密結社とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

6

読書中

1

既読

12

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください