罪と罰(3)

光文社古典新訳文庫

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス / 亀山郁夫

2009年7月20日

光文社

963円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の狂気は、ここに終わりを告げる…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

2

未読

20

読書中

1

既読

23

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください