神学・政治論(下)

光文社古典新訳文庫

バルーフ・ド・スピノザ / 吉田量彦

2014年5月31日

光文社

1,320円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

『エチカ』と並ぶスピノザの代表作、ついに新訳なる。破門と禁書で封じられた危険な哲学者スピノザの“過激な”政治哲学!「国家は自由のためにある」

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー
0

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください