妃は船を沈める

光文社文庫

有栖川有栖

2012年4月30日

光文社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「妃」と呼ばれ、若い男たちに囲まれ暮らしていた魅惑的な女性・妃沙子には、不幸な事件がつきまとった。友人の夫が車ごと海に転落、取り巻きの一人は射殺された。妃沙子が所有する、三つの願いをかなえてくれる猿の手は、厄災をももたらすという。事件は祈りを捧げた報いなのだろうか。哀歌の調べに乗せ、臨床犯罪学者・火村英生が背後に渦巻く「欲望」をあぶり出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.49

読みたい

8

未読

9

読書中

0

既読

101

未指定

48

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2019年05月07日

魔性なんて言葉で納めたくない不思議な気持ちでした マジか、なんて呟きながら読みました

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください