彩四季・江戸慕情

新鷹会・傑作時代小説選

光文社文庫

平岩弓枝

2012年6月30日

光文社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「昭和大衆文壇の父」と呼ばれる長谷川伸が主宰した小説勉強会“新鷹会”は村上元三、山岡荘八など数多くの人気作家を輩出し、今に続く。平岩弓枝の監修による本編では、新鷹会作家による十一篇を収録。武士であれ、庶民であれ、移ろいゆく四季ー春夏秋冬の彩りのなかでひたむきに生きる江戸の人々。人生の岐路に立つ彼らの哀切な心情が胸に沁みる傑作時代小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください