惜別

鬼役5 長編時代小説

光文社文庫

坂岡真

2012年8月31日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

吉原の冥加金三千両が強奪された。鬼役の矢背蔵人介は、自分の「暗殺御用」を知る御小姓組番頭の橘右近から、冥加金強奪の真相を調べるよう指令される。金の行方を掴んだ蔵人介の前に現れたのは、かつての無二の親友、神尾徹之進だった。「今を大切に生きよ」と心中で諭す蔵人介に、神尾の刃が向けられたー。話題騒然の鬼役シリーズ、笑えて泣けて爽快な第五弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

14

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください