私のこと、好きだった?

光文社文庫

林真理子

2012年12月31日

光文社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女子アナとして華やかな世界で生きてきた美季子は、四十二歳になったいまも独身である。大学の同級生だった兼一と結婚した親友の美里は、彼の不倫の果てに離婚。不倫相手と新たな家庭を持った兼一だったが、またもや女性問題でトラブルを起こす。美季子には、兼一への複雑な想いが…。成熟した四十代だからこそ芽生える「心の迷い」を描き出した傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

4

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年05月07日

著者にとって42歳は特別な年齢のようだ。前にも主人公が42歳だったはず。アナウンサーという特別な職業で業界の裏が垣間見れたり、やはり華やかな日常が別世界のようにも感じられた。 そこに大学時代の男友達、女友達の話や、痴情のもつれなども加わり読み手を飽きさせない語りはさすが。 後半、結局一番いい思いをしてるのは美季子だと思っていたら… 彼女の人生後半がどうなるのか含みをもたせての完結。 賢一は可哀相だけど、全ては自ら招いた運命で。 多恵の身になるとそれもなんだか… 誰が一番幸せになった?と問われても答えが見つからない。 今後の人生にかかっている、と思わせられた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください